名刺交換のときの「もどかしさ」

↓シェアしてくださるとすごくうれしいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

第1回目の記事にたくさんの反響をいただきました。
さらにお問い合わせいただき、お申込までいただきました!
本当にありがとうございます!

今回の「在り折り名刺」は
改めて多くの起業家・経営者の方が日頃考えていらっしゃった問題を
解決するために生まれたものです。

「多くの起業家・経営者の方が日頃考えていらっしゃった問題」とは何か。
これについてお話しします

名刺交換はあなたにとって「○○問題」

d7a1639344d95995f58c6802b451412a_s

ビジネスパーソンであれば(一部内勤オンリーの方を除いて)初対面の方に行うことは
「名刺交換」ですよね。
会社に所属している方であれば会社規定の名刺を使っていると思います。
社名・役職・名前・連絡先に加え、
事業内容やスローガンを書いている企業がほとんどでしょう。
この方々にとっては名刺交換は「連絡先交換」に過ぎません。

しかし、一方で起業家・経営者・フリーランスの事業主のあなたはどうでしょうか。

起業家・経営者・フリーランスの事業主のあなたにとって
名刺交換は実は非常に重要な機会なのです。

なぜでしょうか。
それは「大事なビジネスマッチングの接点」でもあり
初対面の方への最初の「プレゼンテーション」の場所だからです。

起業家・経営者・フリーランスの事業主のあなたは
一回一回のごあいさつの場からが勝負です。
たった一度きりの初対面において
見込み客を獲得していかなければなりません。

受注につながらなければ…死活問題になってしまいます。

名刺交換しても伝わらない?〜名刺で語れない

おそらく、あなたは「異業種交流会」「名刺交換会」「○○法人会」「ビジネスマッチング団体の会」などに参加されていると思います。

ちょっとお聞きしますが、
なぜそれらの会に参加されているのでしょうか?

もちろん「見込み客・顧客を獲得するため」ですよね。

ではそういった場で名刺交換をしますが
その名刺交換の場において相手の方に

「うまく伝わった」

という実感・手応えはあったでしょうか?
この場合の「うまく伝わった」とは
・すぐにマッチングになった
・すぐに次の面談・問い合わせにつながった
・すぐに紹介された
以上のようなことです。

しかし、社名・役職・名前・連絡先だけの名刺ではどうでしょうか?

建設業 ビフォー・アフター

これだけを渡されても

「…」

言葉に困りますよね?
二言目に「どんなお仕事をされていますか?」
「内装の会社をやっています」「はぁ、内装の事業をされているのですね」
(おわり)

ダーッ!
これではあなたのことを絶対に覚えてくれません。

相手の方に

・相手の方または相手の方とつながっている人・顧客にどう役に立てられるのか
・あなた(今これを読んでいるあなたです)の独自性・新規性
・「こういったサービスが欲しかったんだ」と思ってもらえる強烈な売り

が伝わらなければ意味がありません。
伝わらない名刺を使ってしまうと
せっかく貴重な時間を割いて、お金を払ってまで交流会に参加しても
結局

無風…覚えてもらえなかった

という結果になりかねません。

チラシやパンフレットにして配りたい。けれど…

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

異業種交流会や名刺交換会の最中に
なかにはチラシやパンフレットを配っている人もいらっしゃいます。

(「チラシやパンフレットが欲しいです」と言った場合や
交流会の主催者関係のチラシは除きますが…)

あれって、正直、邪魔な存在ではありませんか?

テーブルがしっかりあるセミナーや勉強会ならまだしも、
異業種交流会や名刺交換会は立食形式で、
自由に回遊するスタイルがほとんどです。

回遊する場合のシーンを思い出してみてください。
自分の手には名刺ケース以外、「荷物」を持ちたくないですよね?

あなたが名刺を渡す相手の方も同じ気持ちです。

渡したもので相手の方の荷物にならないように
かつ手を塞がないようにしなければなりません。

そこでチラシやパンフレットを渡されたら
荷物になって正直、迷惑ですよね。

名刺ケースにも入らないですし。

(「チラシやパンフレットが欲しいです」と自分で申し出た場合や
交流会の主催者関係のチラシは除きます)

私にもこんなエピソードがありました。

某ランチ会で50代女性の経営者に「これが私の名刺です」といわれて
ハガキ大サイズの「名刺」をもらったことがあります。

ハッキリ言って、邪魔でした。

ランチ会なのでテーブルに食事がところ狭しと並びます。
名刺ケースを置き、いただいた名刺を置くだけでも一苦労します。
なのにハガキ大名刺は場所を取る。

しかも名刺ケースに入らない。

その方のサービスになんにも興味が持てなかったので、
(なぜかは後日後述しますが)
その「名刺」が迷惑な存在以外なんでもありませんでした。

あなたが、受け取り手のことをちょっとでも考えられたら
回遊型の異業種交流会や名刺交換会において
チラシやパンフレット、ましてやハガキ大の名刺なんて渡さないですよね。

使い古された言葉ですがTPOを考えたらわかることです。

というわけで名刺とパンフレットが合体させました!?

だけど、名刺交換の場から自分の事業をしっかりアピールしたいというのもよく分かります。

確かに、名刺交換は非常に重要な場です。
なぜ名刺交換を重要視するのかそれは

「名刺は開封率100%のダイレクトメッセージツール」

だからです。
これも使い古された言葉ですが、これに勝る言葉もないのも事実です。

名刺交換はビジネスにおいて重要な「接点」の場です。
そこでは、ほぼどんな人でも名刺は目で見てもらえます。

(その場であなたの名刺を一切見ないでしゃべってばかりの人とは
お付き合いしなくてもいいです)

DMやメルマガは見てもらえないことが当たり前になりました。
ましてや相手の方が能動的にあなたのHPを見てもらえるのは奇跡の確率に近いです。

私も常日頃から考えていました。

名刺交換の場でしっかり伝え、ラポールを得られるきっかけをつかむために…

そのためにはあなたの事業の内容・解決や貢献できること・強み・あなたの人柄・想いなどを掲載するあなたの案内パンフレットがやはり必要。
しかしパンフレットのサイズは邪魔になる…。

せめて名刺とパンフレット(チラシ)が合体できれば…

と考えました。

それが「在り折り名刺」です。

名刺があなたの「ミニ会社案内」まで兼ねる!?

14333789_1806030969639885_3337853061994731434_n 14264944_1806030829639899_575609033539614547_n

この「在り折り名刺」は見かけは折りたたみの普通の名刺です。
しかし、これは開けば次々と展開する「ミニ冊子」の形になります。

さらに、最後の面を1面めくればなんと
1枚もののチラシに変身!

展開面は6面分全9ページの構成。
(※前回9面と書きましたが訂正します)

6回分のストーリーが展開できて、
最後に全体像を見せることが出来ます!

中面はチラシ形式になるので、
ある程度自由なレイアウト・デザインも可能になります。
チラシやパンフレットにして掲載したかった情報も
これにより可能になります!

名刺とチラシが夢の合体!
名刺があなたの会社・事業案内書も兼ねることが出来るようになるのです!

この「在り折り名刺」を制作、提供させていただくことで

チェック 名刺とチラシ別々で作るコストを削減できます
チェック あなたの魅力を開いていくワクワクとともに伝えられます
チェック 名刺を交換しただけなのにあなたの会社・事業の魅力までも伝えられます

こんなメリットがあなたにもたらされます。

▼こんな方にピッタリです

チェック 名刺交換でなかなか顧客獲得できなくてお悩みの方
チェック 名刺とチラシ別々で作るにはちょっとコストが…
チェック 名刺に語ってもらい、口下手な自分を補いたい

という方にピッタリです!
まずはぜひご相談ください▼

ご依頼・お問合せ
お問い合わせはこちらにてご記入お願いいたします。48時間以内にご返答さし上げます。

現在、先着10名様限りキャンペーン価格にてご提供中です。

現在「在り折り名刺」リリース記念といたしまして、非常にお得なキャンペーン価格にてご提供しております。詳しくはこちらからご覧ください▼

「在り折り名刺」〜名刺とチラシが合体した!? 全9面展開の自己紹介書
話し下手・複数サービスを持つひとり事業者のための 名刺交換を制する最強の自己紹介書「在り折り名刺」 独立したのにうまく顧客獲得できな...

※なお先着順とさせていただきます。予告無くキャンペーン価格を終了させていただく場合もございます。お早めにご注文くださいませ。

↓シェアしてくださるとすごくうれしいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓フォロー大歓迎です!