あなたがすべきなのは集客ではなく、「集●る」仕組みをつくること

↓シェアしてくださるとすごくうれしいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

こんにちは!
研修講師・講座教室運営者・コンサルタント・カウンセラーなど
「教える」職業の方の受注力・受講生数・売上利益率をアップさせる
販促プロデューサー・堀内崇です。

早速ですがあなたは
せっかく力を注いでコンテンツを作っているのに
受講生が少なくて売上が伸びない。
だから集客しないといけない。

こういう状況に陥っていませんでしょうか。

お客様が来ない。
じゃあ、集客だ!
集客するにはどうしたらいいのか、と考えて
次の2つを選んでいませんか?

1)今の講座が高いのか? だったら安くしようか。

2)チラシやホームページ、SNSを使って自分の力だけで宣伝しまくろう

これ、絶対にやってはいけません!

なぜでしょうか。
1)今の講座が高いのか? だったら安くしようか。

まずは1)に関して。
これは例外を除いてやってはいけません。

例外は

・客観的にあなたの価値が相当上がっている段階の場合
・事実上コスト0で開催できる場合
・バックエンドで全部回収可能、しかも高確率で

上記の場合のみです。詳しくは割愛しますが
上記の場合以外で講座を安くする行為は
あなたの価値を落とす自虐行為です。

価値が落ちれば落ちたなりのお客様しか来ません。

安さが目当てとなり、
リピートやバックエンドにはつながりにくくなります。

逆に、今の価格で
価格以上のことを満足してもらうことにシフトしてください。

でないと、早晩限界がきてしまいます。

2)チラシやホームページ、SNSを使って自分の力だけで宣伝する

この話、前回ちらっとお伝えしましたね。
集客のためにチラシを自作で作ったり、SNS更新したり、
しまいにはLPやホームページまで自作で作るばかりに
時間が取られて気がついたら講座内容や
提供コンテンツの中身を固める時間がなくなってしまうことは
本末転倒ですと。

では「集客」って一体なんでしょうか?

文字の通り

「客を集める」

と書きます。

集客力という言葉もあります。
客を集めるには力が必要です。
資金力・資本力・労力・人力などなど・

要は集客活動も力が入った一大仕事です。

この世の中には集客の専門家や業者もいるんだから間違いありません。

では、ここで問います。

あなたは何の専門家ですか?

もし、あなたが集客の専門家であれば、
私のブログを読む必要はありません。理由は置いておくとして。

集客も専門の仕事。
専門家がやる仕事をあなたがやってはいけないのです。

なぜなら時間は有限だから。
あなたの力は一馬力だから。
あなただけでは力も時間も限界があります。

しかし、あなたのコンテンツ力は無限大のはずです。

ですからチラシやホームページを自分で作る時間があるくらいなら
集客は別に任せて
自分の講座やコンテンツを厚くした方がお客様の満足度が上がります。

満足度が上がればリピートや口コミが増えてきます。
リピートや口コミが増えれば結果的に集客力が上がります。

だからこそあなたにはご自身で運営する講座や事業に
全力集中して欲しいのです。

「集客は別に任せて」

と書きました。

「別に任せる」というのは自動化すること。

要はあなたが集客しなくても
自動でお客様が集まる仕組みを取ることです。

そう、

集「」る。と書きました。

集「」る、ではないんです。

あなたが集めずに、
お客様から集まる仕組みをつくるのです。

あなたが時間と労力をかけずに
「誰か」がまたは「何か」によってお客様が集まる。
その仕組みを取ることで集めなくてはいけない
ということから解放されるのです。

集客できなくて困っている・・・

のであれば時間と労力をかけずに
お客様が集まる仕組みをつくっていきましょう。

実例紹介vol.002★ーーーーーーーーーーーーーーーー

Ctp加賀市村上氏様A1ポスター_表0315

IoT検定 販促ポスター制作
(株式会社サートプロ様)

前回に続き、株式会社サートプロ様のご依頼。
展示会に名古屋市で開催されました「IoT JAPAN 2017」にて
掲示されました。

歩く人がターゲットになるポスターは
いかに一瞬で人を引き込むかが重要になります。

紙面の大部分を使ってイメージカラーを配置し、
大きく白でくり抜いて、IoT検定のロゴをバシッと見せる。

一点に絞ることで、グッと中心に引き込む力を演出しています。

IoT検定
http://www.iotcert.org/

株式会社サートプロ様
http://www.certpro.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓シェアしてくださるとすごくうれしいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓フォロー大歓迎です!