受講生が集まるためには集まる「型」が必要

↓シェアしてくださるとすごくうれしいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

こんにちは!
研修講師・講座教室運営者・コンサルタント・カウンセラーなど
「教える」職業の方の受注力・受講生数・売上利益率をアップさせる
販促プロデューサー・堀内崇です。

突然ですが
あなたには「型」はあるでしょうか?

唐突な質問すみません、
噛み砕いて言いますと

「あなたの教えるスタイルはどなたかに習った(倣った)のではないでしょうか」

ということです。

例えば、あなたには「師匠」がいて、
その人に習って、同じようにやってきているとか。

ちょっと昔の学校の先生だったら
「金八先生」をみて教師になって熱く教えているとか・・・

まあ、そんな感じですが。

とにもかくにも
全くのゼロから始めた人っていないと思うんですよね。

少なくとも「教える」スタイルは
幼稚園や保育園の頃から見てきていますから

経験してきた誰かの「型」を使っているはずです。

この「型」がキーになります。

実はお客様が集まる仕組みにも「型」があるのはご存知ですか?

19029268_1942051122704535_9052469424273370312_n

まずはあなたのことを知ってもらうところ「接点」
この接点にどういった方がいるのか。
いわゆるターゲットにあたる部分ですが、
そのターゲットはどんなメディア使っているかが重要になってきます。

リアルでしたら名刺は必須、他にはチラシやポスター、リーフレットなどですね。
オンラインであればSNSやブログがそれにあたるでしょうか。

ではそこからあなたの存在を知ってもらったら
次は「信頼」を築くステップです。

信頼感が上がらないと見込客は次の行動へ進んでくれません。
信頼感を上げるためには
何よりあなたの存在を能動的にずっと知ってもらうことが必要です。

定期的にお客様のお役に立てる
内容をずっと提供し続けることが大事です。

そしてフロントのセミナーなどのフロント商品を初めて購入してもらい、
そこでもっと高いサービスを望む方に
初めて高い価値のあるバックエンドを案内することですね。

いわゆるビジネスモデルの話ですが、
ビジネスモデルの話をするとこう言われるかもしれません。

「販促マーケティングや販促デザインに必要なことなの?」

はい、必要です

なぜかというと、
売上が上がる仕組みは全て「点」だけではなく線でつながっているから。

点で売ってでも、その場限り。

その場限りの商品にチラシを撒いたら
その時はちょっと売れるかもしれない、
集客できるかもしれない。

けれど、いわゆる「売り切り」になると
売上は恒常的に上がらないのです。

集客にだけフォーカスすると
その「点」だけを見る形になります。

これでは販売活動が促進されず売上は伸びません。

お客様がより魅力的にかつ高いサービスがあると思われるための
「型」が必要なのです。

その「型」の具体的な例を次回お話しいたします。

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

TOKYO Sprout Designは
販促活動を単発ではなく
トータルで売上が伸びるモデルを作り
名刺・チラシ・メールマガジン・LPなどを使って
受講生獲得、売り上げアップを支援いたします。

▼お問い合わせはこちらから

ご依頼・お問合せ
お問い合わせはこちらにてご記入お願いいたします。48時間以内にご返答さし上げます。
☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

↓シェアしてくださるとすごくうれしいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓フォロー大歓迎です!