あなたに申込みされるために必要な5つの肝心な情報とは

↓シェアしてくださるとすごくうれしいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

こんにちは!

研修講師・講座教室運営者・コンサルタント・カウンセラーなど
「教える」職業の方の受注力・受講生数・売上利益率をアップさせる
販促プロデューサー・堀内崇です。

チラシや名刺、Webで宣伝しても集まらない?

04

あなたは自分のコンテンツを伝えるセミナー、講座を開催していると思います。
そこでやはり気になるのは

「受講生(お客様)が集まるかどうか」

だと思います。

受講生(お客様)を集めるためにチラシを作り、名刺を作り、ブログも書いていると思います。
しかし、集まらない。なぜでしょうか?

考えられる原因は

もう一度、ツールと戦略を見返して見ましょう。

・そのツールはお客様のメリットがわかりやすく記載されているか

・それを「具体的な誰」が言っているか

・具体的な誰はどんな実績があるか

・上記3つを3秒でわかってもらえるくらいわかりやすく伝えているか

・適切な場所で配布しているか

これらを見直してみましょう。
意外とこれら5つが網羅されていないのではないでしょうか。

これら5つはお客様立場になってみると
結構重要になります。
あなたが「行ってみよう」「受講してみよう」と思った情報は
これらのことが記載されているか
またはイメージされていることが多いです。

そのイメージ感を「まだ知らない誰か(=お客様)」に伝えると
思えばわかりやすくなるものです。

講座に申込みされるために必要な5つの肝心な情報とは

あなたの講座を募集する時にチラシや名刺、ブログに
最低限、以下の内容を書いていますでしょうか?

・あなた(講師)の顔写真やプロフィール

・具体的な誰に向けて伝えているか

・あなたが提供できる何のコンテンツを

・提供後のメリット

・具体的な連絡先

これらは記載していますでしょうか?

これらの記載がない、
もしくはこの流れがわかりにくと残念ながら受講生は集まりにくいです。
もし、あなたがチラシやwebをみて、

「行ってみたい!」→「よし行こう、申込み」→「申込み完了」

と思う情報は、ほぼこの5つは最低限の情報として網羅されています。

もちろん、魅力的なキャッチコピーやイメージがあったりしますが、
それ以前に、網羅しなくてはいけない最低限の情報は必要です。
上記5つがないと、「行ってみたい!」と思われても残念ながら申込みされません。

値下げしてはダメ!

受講生が集まらないとすぐに「値段が高かったから」と思う人がいらっしゃいますが、

それは間違っています。

もちろん価値に見合っていない法外な参加費は論外としても、
会場費や諸々のコストを差し引いても黒字になれば御の字、
トントンまたは場合によっては赤字になると思います。

なのに、それ以上値下げするのはあなたの生活にかかってきてしまいます。

ですから間違っても値下げはやめてください。

値下げ以外にも受講生を集める方法は必ずあります!

その方法をお伝えさせていただきますね。

1958311_993453497400749_5575424333132012808_n研修講師・講座教室運営者・コンサルタント・カウンセラーなど「教える」職業の方のビジネスモデル+販促技術から受講生(お客様)が集まる仕組みを作ります!

販促ツールグラフィックデザイナー歴10年以上、Web・リストマーケティング・セミナープロデュースから講師・コンサルタントのあなたの売れる仕組みを私・堀内崇が作ります!

ぜひ、お問い合わせください▼

HP01-19

↓シェアしてくださるとすごくうれしいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓フォロー大歓迎です!