Sprout放送局

WEBデザインとは何か?発注者の知らない制作の舞台裏

ホームページなど、インターネットに掲載するものを制作するとき、必ずWEBデザインという言葉を耳にすると思います。

 

それでは、WEBデザインとは一体何でしょうか?

 

WEBデザインとは、WEBページやサイトの見た目を良くするために工夫をして訴求するコンセプトテーマの質を高めることです。
具体的には、カラーを決めたり、ロゴ、アイコン、キャラクター、写真画像などを加工します。

 

WEB制作自体はPCの画面上で行う地味な作業ですが、実を言うと、WEBデザインは成約率に大きく影響します。

 

例えば、商品の申し込みボタンを青色から赤色に変えたら注文が増えたというようなケースです。
もちろん、この色にすれば確実に成約率が上がるといったものがあるわけではありません。

 

しかし、

 

・資料請求のボタン色を変える

・登録フォームの大きさを調節する

・キャッチコピーを太字にする

 

など、一部を目立たせると見た目の印象も良くなって人の感情が駆り立てられます。

 

このように、ページやサイトを改善して成約率を向上させるのがWEBデザインの役割です。
インターネットを活用したビジネスで、WEBデザインは必要不可欠ですから、WEBデザインを意識してページやサイトを見ると面白い気づきがあります。

 

さて、私たちTokyoSproutDesignでは、WEB制作を依頼されたらデザインを決める前に、「あるモノ」を徹底検証します。
それは、制作を依頼されたお客様のビジネスモデルです。
なぜなら、お客様のビジネスモデルに応じてデザインを作る必要があるからです。

 

つまり、あなたのビジネスイメージをWEBデザインで伝わるように表現するのです。
そして、その表現が成約率に影響を与えるのです。

 

こうしてビジネスモデルをインストールしたら、いよいよWEBデザインに入ります。

 

先ほどもお伝えしたように、WEBデザインとは、WEBページを見た人が、一瞬で見込み客になり、あなたの商品に興味を持って欲しくなる見た目です。
具体的には文字や画像、背景と配色など加工します。

 

そして、この作業をするには、デザインを施す専門のソフトが必要です。

 

そこで、WEBデザインに欠かせない必須ソフトを3つ紹介します。

 

1、フォトショップ

 

写真家や印刷会社で使用する写真の修整、合成など様々な加工ができるソフトです。
人物の目を大きくしたり、ホクロを消したりとさまざまな修正が可能です。

 

2、イラストレーター

 

イラスト制作や印刷出版、ロゴ、パッケージなどをデザインする描画ツールです。
拡大や縮小したときに劣化しない画像を作成できるのが特徴です。

 

3、ファイヤーワークス

 

こちらはMacromediaという会社のWEB素材制作ソフトです。ホームページのデザイン作成が主な用途で作業速度が早いことで知られています。

 

いかがだったでしょうか。
このように、WEBデザインは、商品を目立たせて見込み客に
訴求する大切なものです。専門ソフトを使い、より良いデザイン制作を目指して日々デザイナーは制作に取り組んでいます。
昨今は、誰でも無料でホームページなどを作れるようになりましたが、見た目が成約率に影響するのですから、やはり専門的なことはプロに任せた方が良いかもしれませんね。